198311 E23 キャラバンコーチ

カタログコード:  3113AHH

このころの日産は元気いっぱいの日産と言った感じがあふれています。

このモデルの特徴はこの角型4灯のヘッドライトですね。

日本最大幅のサンルーフ、20cm手前で止まります!

横置きタイプのリアクーラーとヒーターユニットも新しいです。 とは言いながらマイクロバスのハイルーフ用のビルトインリアクーラーとインナーミラーの上に付く二針時計がいい味を出しています。

LD20TディーゼルターボエンジンとOD付4速オートマチックとの組み合わせ。 ガソリンエンジンもZ20でツインプラグと15人乗りマイクロバス用のシングルプラグ仕様があります。

それにしてもこのマイクロバスの内装色とディーゼル+OD付5速コラムシフトは一番気になるグレードでした。

カタログのコンディションは中でも悪い部類です。 私が小学生当時あまり扱い方が良くなく、切り貼りしてしまったり何冊かをまとめて綴じてしまったり・・・

これも当時日産車特集で布テープで製本してしまったものをある時点で解いたものと思われます。

 

198307 M10プレーリー

カタログコード: 3078AGG

初代プレーリーの本カタログです。

この車の一番の思い出は4ナンバー商用車使用のNVグレードの内装色です。 はい、あの明るいベージュでしかもビニール内装です。 あらに乗用の廉価グレードではグレーのビニール内装が用意されていました。

しかもコラムシフトのオンパレード!

素晴らしいラインナップです。

よく考えてみると日産では最近でこそ商用車ラインナップでNVシリーズの呼称を使っていますが30年以上前に既にNVというグレードで登場していたんですね。

 

 

198911 マグナステーションワゴン2600

カタログコード: 3SXEB2A890

三菱商事により輸入され三菱自動車工業により1988年から1993年まで販売されていたマグナステーションワゴン2600です。

ワイドボディーに2600ccのアストロンII4気筒エンジンを搭載し輸入されたステーションワゴン。

なんとなく当時は輸入モデルがいろいろなメーカーで行われていたような記憶が・・・

198402 ロデオビックホーン

カタログコード: ST-2095

1981年9月に発売されたUBS523型初代ロデオビックホーンのマイナーチェンジモデル。

C223型2200cc73馬力ディーゼルエンジンに加えてターボーチャージャー付の87馬力C223型エンジンと105馬力G200ガソリンエンジンの3エンジン。

更に内装色がベージュに変更され、後席の居住性を確保したワゴンモデルが追加されました。 このt機ワゴンモデルに最上級トリムとしてLSが追加されました。

この時点では5ドアモデルはまだ追加されていません。

LD以外のLT、LSグレードのステアリングホイールはアスカと同じデザインの2スポークステアリングホイールに。

サイドストライプからROODEOの文字が消えました。