199906 E24スーパーアンビュランス

カタログコード: AJ-CA9-9906N1 E24907

ベース車のマイナーチェンジに伴い特にエアバック標準装備、ABSオプション設定などの安全装備が充実しました。 電気式アイドルアップスイッチの設定やフロント意匠のアップグレード、ディーゼルエンジンはQD32に変更されました。

ハイパーパッケージはAJタイプの散光式警告灯からブーメラン式に。

 

 

199308 E24スーパーアンビュランス

カタログコード: 93年8月-NGA

この時期よりキャラバンとホーミーそれぞれ分かれていたカタログが統合され、混合で写真が使われています。 また4WDも設定が追加されました。

また救急II過程拡大9項目に対応したハイパーパックも設定されました。

199409 E24パラメディック-II

カタログコード: 94年9月-NGA

1993年10月に発売されたアトラスワイドベースのH41パラメディックでは満足できない需要をカバーすべく更なる機動性を追求しE24キャラバンをベースに高規格仕様にしたパラメディック-IIを発売。

従来型の救急車ボディに、各種機材を効果的にレイアウトした設計で、混雑した都市部からン道幅の狭い山間部まで、あらゆる地域で優れた機動性を発揮する高規格救急車です。

 

199507 H42パラメディック

カタログコード: JA-AT18-9507N1 H42010

日産の車種記号としてはH42アトラスとしていすゞAPR71エルフのOEMを受け生産された高規格救急車。

94年より生産されていたいすゞスーパーメディックのシャーシとはホイールベースが同じのみでエンジンと型式は異なる別物です。 勿論ボディーの架装も一見似通っていますが別物です。

199908 E50パラメディック

カタログコード: AJ-PL1-9908N1 E50032

エルグランド・パラメディック。 日産の高規格救急車で救急車の旗艦車両です。

初代日産パラメディックはアトラスワイドボディベースの高規格救急車でしたが98年5月からE50ベースのエルグランドに変更されました。

199805 E50パラメディック

カタログコード: AJ-PL1-9905N1 E50031

エルグランド・パラメディック。 日産の高規格救急車で救急車の旗艦車両です。

初代日産パラメディックはアトラスワイドボディベースの高規格救急車でしたが98年5月からE50ベースのエルグランドに変更されました。

これはパラメディックの初版カタログです。

 

 

200205 H22S/28Sトヨタ救急車

カタログコード: TR0019-0205
2代目ハイメディックの2B型救急車バージョン、言い換えればトヨタ H133Sトヨタ救急車の正統進化版普通救急車です。

トヨタ H32S/38Sトヨタ救急車ハイメディックに比べて大きな差はリアサスペンション。 ハイメディックはダブルウイッシュボーン式トーションバースプリングを採用し4輪独立懸架を実現していましたが、H22/28Sはセミトレーディングアーム式コイルスプリングでいわゆる車軸式です。 また4WSは装備されていません。

救急II課程仕様のオプションがあることから、予算によってはこちらを選択することにより4WS機構など不要な地域ではを省いてコスト削減を可能とする。

平成12年基準排出ガス25%低減レベルをクリア。