199611 エルフUT

カタログコード:  542054 9611

1996年11月から2001年まで販売されたエルフベースのウォークスルーバン。

ビックホーンのヘッドライトを流用しており、これより前に販売されていたいすゞ・ハイパックの初代ビックホーン顔の伝統が受け継がれているような印象ですね。

トヨタのハイエースウォークスルーバンに始まり、日産、マツダといろいろなモデルが登場しては消えていったような気がします。

1.5トン積標準車の2,590,000円から特装クールバン仕様の4,459,000円まで意外とお買い得な車だったんですね。

 

価格表

 

198402 ロデオビックホーン

カタログコード: ST-2095

1981年9月に発売されたUBS523型初代ロデオビックホーンのマイナーチェンジモデル。

C223型2200cc73馬力ディーゼルエンジンに加えてターボーチャージャー付の87馬力C223型エンジンと105馬力G200ガソリンエンジンの3エンジン。

更に内装色がベージュに変更され、後席の居住性を確保したワゴンモデルが追加されました。 このt機ワゴンモデルに最上級トリムとしてLSが追加されました。

この時点では5ドアモデルはまだ追加されていません。

LD以外のLT、LSグレードのステアリングホイールはアスカと同じデザインの2スポークステアリングホイールに。

サイドストライプからROODEOの文字が消えました。

198212 ロデオビックホーン

カタログコード: ST-3140

1981年9月に発売されたUBS523型初代ロデオビックホーン。

このカタログは82年12月発行の4ページ簡易版です。

なぜかカタログの表紙からはロデオが名称から既に外れていますが、車体のディキャルにはROODEO BIGHORNと入っています。

当時私の父親がこのビックホーンと初代サファリを検討していました。 近所のいすゞディーラーに二人で見に行ったことを子どもながらに覚えています。 当時もしこの車を購入していたら私の車遍歴も相当違っていたでしょう。

コノダンディリオンイエローのロングバンLTを見かけることが多かったですね。

オイルクーラーのついた4気筒2200ccのディーゼルエンジン(C223)、4速MTと副変速機付きパートタイム4WD。 リミテッドスリップデフは注文装備。 フロントサスはダブルウイッシュボーン式独立懸架でリアはセンタースルー型車軸式でなかなかの本格派。

 

199410 スーパーメディック

カタログコード: 54309 9410

いすゞが高規格救急車の規格に合わせて架装したNPR66、NPS66エルフベースの救急車です。

当時日産はアトラスベースで同様の救急車を用意しており、エルフの日産へのOEMが始まって以降は共通の架装になりましたが、このいすゞスーパーメディックはいすゞ独自のデザインです。 特にテールライトはエルフルートバンと同じ部品が使用されています。

199708 E24 ファーゴ2B型救急車

カタログコード: 542084

1997年08月発行のいすゞファーゴ2B型救急車のカタログ。 このカタログが発行された97年当時は救急救命士制度も軌道に乗り、多くの消防本部で高規格救急車が導入され始める中、地方の救急救命士が設置されていない消防本部や病院、大規模事業所などでの患者搬送用途など以前からの標準的な救急車である2B型のカタログです。