199312 S140クラウン2500/2000スーパーセレクト・ロイヤルエクストラ

カタログコード: TA1870-9312

1993年8月にマイナーチェンジを経て後期型となったS140クラウンロイヤルシリーズはスーパーサルーンエクストラがカタログモデルから落とされロイヤルツーリングが加わりました。 スーパーセレクトの直近上位はロイヤルサルーンとなり、結局その4か月後にロイヤルエクストラが新グレードとして追加されました。

型式はJZS141-ATPSFなのであくまでスーパーセレクトベースの仕様車となります。 カタログにも小さくスーパーセレクトの表記はありますがトランクリッドのエンブレムからはスーパーセレクトはなくなりRoyal-Eのみの標示です。

また140系のラインナップからは外されていた1G-FE搭載車がこのグレードで用意されGS141として復活してきました。

2500 ロイヤルエクストラ 301.6万円
2000 ロイヤルエクストラ 276.6万円

カタログ表紙の色合いも高級感のある印象でやる気を感じられます。

199310 S140クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車

カタログコード: 無し

こちらは1992年のS140クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車 (199210)に引き続き神奈川トヨタが年末商戦に向けて企画した特別仕様車でまさにS130スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車から続いている正常進化バージョンです。

ハードトップ2500スーパーセレクトJZS141-ATPSA(Q) Qパッケージ(高級モケットシート+ウレタンフォームフロアカーペット・モケット張りドアトリム&コンソールボックス・高密度カットパイルカペット、ファブリック巻きピラーガーニッシュ)仕様車をベースに、205/65R15 93Hラジアルタイヤ(アルミホイール付)、さらに前回の高音質CDデッキに替わって今回は4インチカラーテレビをセット。

車両本体286.3万円+Qパッケージ5.8万円、194/70R14ラジアルタイヤ(アルミホイール付)7.6万円、付属品9.3万円、4インチカラーテレビ12.6万円=321.6万円を309万円にて販売したもの。

199306 S140クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車

カタログコード: 無し

このスーパーセレクト神奈川トヨタ特別企画車はこれまでのS130クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車 (198810)S140クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車 (199210)とは全く異なりQパッケージなどは含まれていません。

通所のスーパーセレクトに対して205/65R15 93Hラジアルタイヤ(アルミホイール付)、4輪ABSを追加。

車両本体280.3万円+194/70R14ラジアルタイヤ(アルミホイール付)7.6万円、4輪ABS12.8万円、付属品7.3万円=308万円を299万円にて販売したもの。

憂い気が非常に悪かった140前期でしたので安全装備を充実しつつ、外観のアップグレードでビッグマイナーチェンジ前の在庫処分的な印象が大きいです。

199210 S140クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車

カタログコード: 無し

神奈川トヨタが年末商戦に向けて企画した特別仕様車でまさにS130スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車の正常進化バージョンです。

ハードトップ2500スーパーセレクトJZS141-ATPSA(Q) Qパッケージ(高級モケットシート+ウレタンフォームフロアカーペット・モケット張りドアトリム&コンソールボックス・高密度カットパイルカペット、ファブリック巻きピラーガーニッシュ)仕様車をベースに、205/65R15 93Hラジアルタイヤ(アルミホイール付)、高音質CDデッキをセット。

車両本体280.3万円+Qパッケージ5.8万円、194/70R14ラジアルタイヤ(アルミホイール付)7.6万円、付属品9.3万円、CDデッキ4.7万円=307.7万円を299万円にて販売したもの。

199211 S130クラウンセダン2000 スーパーサルーンエクストラ特別仕様車

カタログコード: TA1369-9211

1992年11月に新登場となる1G-FE搭載クラウンセダン・スーパーサルーンエクストラの特別仕様車です。

ロイヤルサルーン用の内装を特別に施した、質感あふれる室内。

シート表皮の材質を標準のモケットからロイヤルサルーン用表皮のジャガードモケットに変更。 ただしシート表皮の縫製パターンは本来のまま。 更に、フルファブリックドアトリムにアップグレードされ、電動格納式リモコンドアミラーが標準装備に。 勿論電動リモコンフェンダーミラーも選択できました。

この特別仕様車には3枠仕様と5枠仕様が用意されており、興味深いことにこの5枠仕様の種車は本来のスーパーサルーンエクストラとは全く違うものです。

ベース車両本来のスーパーサルーンエクストラには1JZ-GE(2500cc)、1G-FE(2000cc)、2L-THE(2400ccディーゼルターボ)の3種類のエンジンが用意されておりすべてのエンジンで3枠と4輪独立懸架仕様に統一されていますので、型式はJZS-131, GS131H, LS131Hとなっておりすべて2000ccのスーパーサルーンエクストラグレードに当たるAEPJKのサフィックスが割り当てられています。

この特別仕様車の5枠仕様の型式はGS-130-AEPJK

従って、この5枠仕様は型式から理解するとスーパーデラックス、デラックス、スタンダードの1G-FEタイプの車体にAEPJKのトリムが組み合わされた意味になります。

後輪はセミトレーディングアーム式コイルバネ(独立懸架)ではなくトレーディングリインク車軸式コイルばねサスペンションになり、ブレーキもベンチレーテッドディスクブレーキからリーディングトレーディング(ドラム式)になります。

ある意味スーパーデラックスの1G-FE仕様のロイヤルサルーン仕様と呼んだ方が正しいかもしれません。

余談ですがこの当時はSRSエアバッグはまだ注文装備でした。

 

199110 S130クラウン 神奈川トヨタ特別企画車

カタログコード: 無し

1991年の年末商戦を控えて神奈川トヨタ恒例のスーパーセレクト祭りのようですが、この年は少々違いが。

既に2500ccのスーパーセレクトロイヤル仕様はこの年の5月に登場していましたが今回はこれとは別に、2500ccロイヤルサルーンにCDプレーヤーとCDストッカーを下段2DINの部分に追加した特別仕様と2000ccスーパーセレクトロイヤル仕様のセットです。

199105 S130クラウン2500スーパーセレクト・ロイヤル仕様

カタログコード: TA2047-9105

GS130後期 クラウン ハードトップ 2500スーパーセレクト・ロイヤル仕様の専用カタログです。 1JZ-GE搭載のスーパーセレクトです。

後期のこの特別仕様車はロイヤルサルーンと同素材のシート表皮となっている「ロイヤル仕様」ます。 内装装備としてはE-2パッケージとほぼ同様の内容です。

型式もE-JZS131-ATPSFで当時最新の2500ccでありながら、しっかりと正規のスーパーセレクトとなっています。
トヨタ S130 クラウン 2000スーパーセレクト・ロイヤル仕様 (199108)の登場より3カ月早くこの特別仕様車が発表されたようです。 また平成元年の消費税導入と同時に廃止された物品税分の車両本体価格の目減りにより求めやすい価格表示になりました。

198809 S130クラウン2000スーパーセレクト・スーパーチャージャー

カタログコード: 015255-6309

2000ccロイヤルサルーンでおなじみのエンジン、1G-GEZ、2000ccスーパチャージャーを搭載したスーパーセレクト。

装備はスーパーセレクトに「E-1パッケージ」に加えて、本来であればロイヤルサルーンの1G-FEエンジン搭載車以外でのみ選択可能なオプション「Sタイプパッケージ」を装備。 更に特別仕様のモケット張りフロントコンソールボックス、リアラジオコントローラー、に販売店装着オプションのフロントオートエアコンを装備したクラウン特別仕様車。

E-GS131-ATPSRという車輛型式からもスーパーセレクトでありながら1G-GEZ搭載車であることがはっきりと分かります。

店頭渡し価格が335.1万円

当時の2000スーパーチャージャー搭載ロイヤルサルーンが359.3万円、1G-GE搭載ロイヤルサルーンが334.8万円であることから考えると、この特別仕様車は大変お買い得で手軽に1G-GEZを楽しめる選択の一つ。 きっとエンブレムをロイヤルサルーンに付け替えていたオーナーも多かったと思われる。

それにしても、1G-FEの神奈川トヨタ特別仕様スーパーセレクトといい、このスーパチャージャー・スーパーセレクトと言い、E-1パッケージ大活躍です。 スーパーサルーンエクストラに設定されていたE-2パッケージも含め上位グレードと室内装備を近づけるパッケージオプションにどれほどの需要があったのか興味があります。

198810 S130クラウン2000スーパーセレクト・神奈川トヨタ特別企画車

カタログコード: 無し

1988年10月、神奈川トヨタが年末商戦に向けて企画した特別仕様車です。

ハードトップ2000スーパーセレクト E-GS131-ATPSK(E) E-1パッケージ(高級モケットシート・モケット張りドアトリム・高密度カットパイルカペット)仕様車をベースに、マニュアルエアコン、194/70R14ラジアルタイヤ(アルミホイール付)をセット。

車両本体264.1万円+エアコン21.8万円+194/70R14ラジアルタイヤ(アルミホイール付6.4万円、付属品6.2万円=298.5万円を289.5万円にて販売したもの。

私が中学校1年生の当時12月に納車された思い出の1台です。 このクラウンの全車はマツダの赤のファミリアでしたので、圧倒的な乗り心地、静粛性、そして何よりも存在感の違いには驚きを通り越して異次元の世界に誘われた様な感動すらありました。

その4年後、高校を卒業して普通免許を取得し初めて乗った車がこのクラウンで、大変思い入れのある車です。

当時の本カタログの表紙はレザックを使用した大変豪華なものでした。 この型の後期V8クラウンが登場した際の本カタログには表紙に金押し施されてました。

当時の神奈川トヨタ価格表です。

199108 S130クラウン2000スーパーセレクト・ロイヤル仕様

GS130後期 クラウン ハードトップ 2000スーパーセレクト・ロイヤル仕様の専用カタログです。

後期のこの特別仕様車は前期のE-1パッケージと同様の仕様ながらシート表皮はロイヤルサルーンと同素材となっています。 ただしシートをそのまま流用ではなく、ロイヤルサールン以上の運転席と助手席の背中側に装備されるリアアシストグリップは装備されていません。 あくまでスーパーセレクトの装備内容で表皮素材のみをロイヤルサルーンと同素材としている手の込みようです。