198308 ギャランΣ

カタログコード:  3028702S

ギャランΣの簡易カタログです

ポルシェに技術供与された三菱独自のサイレントシャフトやトランスミッション索式コントロールを新採用。

索式ですよ、ロッド式から索式への変更がポイントですね。 流石に三菱、クレーンやってるだけありますね。

198910 デボネアV

カタログコード:  3SGAB2A890

グレードが大幅に追加されエンジンもV6 3000 DOHCが加わり3種類体勢となり、一足遅れでありながらもバブル当時の典型的なラインナップに。

特にV6 3000 SOHC搭載車で注文生産車ではありながらコラムシフト6人乗り仕様のロイヤルカスタムと2000LGの3000仕様も標準生産車として追加されたところがなかなかの渋い戦略。

ロイヤルAMGも追加されました。

199009 デボネアV150

カタログコード: 無し

横浜市戸塚区にある株式会社アッスルで架装された150mmストレッチリムジン。

当時はセドリックのLシリーズに始まり、クラウン、デボネア、コロナルーミー等ストレッチ仕様が盛んに各メーカーから発売されていましたね。

 

198911 マグナステーションワゴン2600

カタログコード: 3SXEB2A890

三菱商事により輸入され三菱自動車工業により1988年から1993年まで販売されていたマグナステーションワゴン2600です。

ワイドボディーに2600ccのアストロンII4気筒エンジンを搭載し輸入されたステーションワゴン。

なんとなく当時は輸入モデルがいろいろなメーカーで行われていたような記憶が・・・

Webサーバー復旧完了

こんばんは、サトックスです。

11月18日(土曜日)未明より機器の障害によりサーバーが停止しておりました。

21日よりWeb Serverの稼働開始により一部のブログから順次再開すべく新規サーバーの設定中です。

ブログのSQLデーターは11月14日分までのバックアップを確保しておりましたが、写真などのファイルデータは10月現在までのバックアップ復元にとどまりました。

幸いにもこのサイトの文書データーはすべてバックアップに含まれており画像データのみ欠損部分を修正し復旧することができました。

201710 JPN TAXI 深藍限定車

カタログコード:  なし

2017年5月に受注を終了したコンフォート、並びにクラウン・コンフォートに代わり22年ぶりに登場したJPN TAXI。

東京2020オリンピック、パラリンピックのロゴをリアドアに広告ラッピングした限定車。

広告ラッピングなのでいろいろと制限があり詳細が留意点として示してあります。

201710 JPN TAXI (ジャパンタクシー)

カタログコード:  HAZ13000-1710

2017年5月に受注を終了したコンフォート、並びにクラウン・コンフォートに代わり2017年10月23日、22年ぶりに登場したJPN TAXI。 X80系から勘定すれば29年の車台からバトンタッチとなるわけですね。

フェンダーミラーが標準仕様とはこれだけで欲しくなってしまう1台です。

 


201710 JPN TAXI 深藍限定車用リーフレット

199611 エルフUT

カタログコード:  542054 9611

1996年11月から2001年まで販売されたエルフベースのウォークスルーバン。

ビックホーンのヘッドライトを流用しており、これより前に販売されていたいすゞ・ハイパックの初代ビックホーン顔の伝統が受け継がれているような印象ですね。

トヨタのハイエースウォークスルーバンに始まり、日産、マツダといろいろなモデルが登場しては消えていったような気がします。

1.5トン積標準車の2,590,000円から特装クールバン仕様の4,459,000円まで意外とお買い得な車だったんですね。

 

価格表

 

198402 ロデオビックホーン

カタログコード: ST-2095

1981年9月に発売されたUBS523型初代ロデオビックホーンのマイナーチェンジモデル。

C223型2200cc73馬力ディーゼルエンジンに加えてターボーチャージャー付の87馬力C223型エンジンと105馬力G200ガソリンエンジンの3エンジン。

更に内装色がベージュに変更され、後席の居住性を確保したワゴンモデルが追加されました。 このt機ワゴンモデルに最上級トリムとしてLSが追加されました。

この時点では5ドアモデルはまだ追加されていません。

LD以外のLT、LSグレードのステアリングホイールはアスカと同じデザインの2スポークステアリングホイールに。

サイドストライプからROODEOの文字が消えました。